| Home | Staff | Student | Study | Publication1 | Publication2 | Photo | Award | Patent | Equipment | Link  |

What's new

  • ■2016. 11/23-25 日本人工臓器学会大会(鳥取,米子)で,柴が最新の経皮エネルギー伝送の最新の成果を一般演題で発表します.また,経皮エネギー伝送の課題をパネルディスカッションでも発表します.
  • ■2016. 11/24-25 日本AEM学会 MAGDA2016 in 桐生でM1学生が最新の成果を発表します.
  • ■2016. 12/15 電子情報通信学会環境電磁工学研究会(EMCJ,名工大)でM1学生が最新の成果を発表します.
  • ■2017. 1/19-20 電子情報通信学会無線電力伝送研究会(広工大)でM1学生が最新の成果を発表します.

2016研究室行事

  • ■2016. 8/9 東京理科大学葛飾キャンパス オープンキャンパス で研究室公開を行います(9:30−15:30).学科のオープンキャンパス専用HPはこちら!
  • ■2016. 8/16-21 国際会議発表  IEEE EMBC 2016 (Engineering in Medicine and Biology Society conference, 医用生体工学系でランクの高い大会です.フロリダ,USA)で柴研の最新の話題を研究発表します.
  • ■2016. 8.10-11 ゼミ合宿研究室全員で,会津たかつえに行き,ゼミ合宿を行います.大学対抗スポーツ大会,懇親会,ゼミ発表会を予定.
  • ■2016. 8/26 学会発表 日本機械学会茨城講演会 茨城大学 M1学生が新しいAED(医療機器)の研究成果を発表します
  • ■2016. 9/4-6 学会発表 LIFE 2016 東北大学 M1学生2名が医療機器の開発の内容を発表します体内に留置する埋込用センサなどへの無線電力伝送の電磁生体影響の研究で1件,容量結合をつかった新しいペースメーカ用ワイヤレス電力伝送の研究で1件発表します.
  • ■2016. 9/20-22 ISRBP(The 24th Congress of the International Society for Rotary Blood Pumps) 水戸人工心臓ポンプ開発に関する最も最先端の国際会議です.人工心臓用経皮エネルギー伝送の新しい効率測定方法の研究について,M1学生が発表します.
  • ■2016. 11/23-25 日本人工臓器学会大会(鳥取,米子)で,柴が最新の経皮エネルギー伝送の最新の成果を発表します.また,Drの学生が,学会から頂いたGrantの成果を発表します.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WELCOME TO SHIBA Lab. 

研究室の特徴
 本研究室は,電子電気工学を用いて、医療工学,医用生体工学をテーマとした研究をしています.電子回路,電気回路,電磁気学,電波工学などの工学分野と,医学,生物,人間工学など他の学問との融合領域(境界領域)の分野の研究です.医療や福祉に直接役立つことを研究しています.

キーワード:人工臓器,ワイヤレス電力伝送,ワイヤレス情報伝送,体内埋込型医療機器,電磁治療機器(含む癌治療),電磁ノイズ,電磁生体影響,生体信号計測,音響と生体など.

English

更新内容 (2016.9.30更新)

●査読付き論文が採択されました.

Journal of Artificial Organs (IF, 1.4)

タイトル: Analysis of Specific Absorption Rate and Internal Electric Field in Human Biological Tissues Surrounding an Air-core Coil-type Transcutaneous Energy Transmission Transformer,

Kenji Shiba, Nur Elina Binti Zulkifli, Yuji Ishioka

,accepted 2016.11.10

●電気学会の委員に就任

柴が電気学会:電磁界ばく露に関する評価手法の動向調査専門委員会の委員に就任しました.

●日本機械学会 茨城講演会 で優秀講演発表賞を受賞

M1学生石岡君が優秀講演発表賞を受賞しました

●国際会議の委員に就任

柴がISRBP2016の National Organizing Committee に就任しました.

●国際会議で賞のノミネート

人工心臓の最先端の国際会議(ISRBP2016)において,M1の学生加我君がHelmut Reul Young Investigatorsにノミネートされました.

●査読付き論文が採択されました.

柴建次:体内埋込医療機器への容量結合型ワイヤレス電力伝送-受電電極の極性を考慮した受電電圧の測定-,日本AME学会会誌,2016年7月20日

●理事

日本AEM学会の理事に就任いたしました.

●高校生向けイベント

2016. 7/9 夢ナビライブ2016 (東京ビックサイト) で柴が医療機器開発の研究発表をします.また終了後に進路相談も行います.HP

  • ●展示会・シンポジウム
  • 6/1 JIEP最先端実装技術シンポジウム(東京ビックサイト)で柴が医療機器の講演をしました.HP
  • ●学会発表

4/26 日本生体医工学会大会(富山)で学生と柴が学会発表しました.

  • 5/28 Sead28(慶応大学)でM1の学生が学会発表しました.
  • ●特許出願

平成28年5月16日 日本国特許を1件出願しました.
特願2016−97766 電子機器、及び無線給電システム

  • ●特許取得

日本国特許を1件取得しました.
特許第5867848号 体内情報伝送装置
(特願2011-190992)

●委員

以下の委員に就任しました.

日本人工臓器学会 技術賞・Grant選出委員会委員 2016.2-2017.1

  • ●受賞
  • 平成27年11月,D1の橋本君が経皮エネルギー伝送の3相化の研究で,日本AEM学会奨励賞を受賞しました.HP
  • ●国際会議
  • ・Kenji Shiba: Electrically Induced Energy Transmission using for Implantable Medical Devices Deep Inside the Body: Measurement of Receiving Voltage in Consideration of Biological Effect, The 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS2015) , Milano, Italy, 2015
  • ・Issei Hashimoto, Kenji Shiba: Analysis of low leakage magnetic field transcutaneous energy transfer for ventricular assist devices
    IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS),pp.1-4, Atlanta, Georgia, USA, 22-24 Oct, 2015
  • ●公開特別講義開催
  • 平成27年12月21日(月)午後6時より日本医科大学にて開催
  • 東京医科大学,東京理科大学の教職員及び大学院生は聴講自由とのことです.今まで行ってきた体内埋込機器への電力情報伝送について講義しました.ちらし
  • ●2015.12.4-6 冬のゼミ合宿に行ってきました.
  • ●2015. 11 MAGDA2015, 東北大学にて,医療機器分野で,基調講演をしました.HP
  • ●2015.11 第53回日本人工臓器学会大会(東京ドームホテル)で,D1学生が3相経皮トランスの最新成果を発表しました.
  • ●査読付き論文が2本通りました!
    ・柴 建次, 吉川 秀一,小谷野 純一: 体内埋込型人工心臓用経皮エネルギー伝送システム −液体浸漬時における伝送効率と温度上昇の実測−, AEM, Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics,日本AME学会誌, vol.23, no.1,pp.179-186, march 2015.
    ・橋本一生, 柴 建次: 経皮エネルギー伝送の三相交流化による放射磁界低減−実測と数値解析による基礎的検討−, pp.163-170, AEM, Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics,日本AME学会誌, vol.23, no.1, march 2015.

  • ●研究室見学について
    ・年に数回ですが,研究室見学会を行っています.単に,パワーポイントのスライドで説明するだけでは研究のおもしろみは分からないものなので,柴研では,できる限り,見たり触れたりするデモ を行うようにしています.装置の準備や学生の説明の練習なども伴うため,年に数回しかデモはできませんが,見学会の際には是非お越しください.
    例:
    体内埋込型医療機器・展示,体内埋込型補助人工心臓への非接触電力伝送のデモ,人体を介して信号を伝達する実験,容量結合を用いた体内ー体外間の通信のデモ(音楽を伝送する実験),容量結合や電磁誘導を用いて体内にある小型医療機器(カプセル内視鏡等)へワイヤレス電力伝送するデモ,人体への電磁生体影響の3次元電磁界解析の様子,電子回路(インバータ回路)の設計・試作の様子など





医療機器の実用化を目指した研究を積極的に行っています.