=TOP= of Suda Lab


ようこそ須田研究室へ

 白色レーザーとも呼ばれる超広帯域コヒーレント光のスペクトル位相を揃えると、パルス内に電場の振動がわずか2〜3周期しか存在しない数サイクルパルスとなります。ピコ秒からフェムト秒の間に起きる高速現象を探索するプローブ光として、また、さらに短いアト秒X線パルスを発生させるための光源として、幅広い研究が展開されています。本研究室では、高速非線形光学効果を利用した超広帯域コヒーレント光および超短光パルスの発生と制御、蛍光タンパク質の非線形分光、多光子過程を制御したバイオイメージングなどの研究を行っています。

学生の皆さんへ

 社会の多様化が進む中では専門分野に留まらず、さまざまな分野の人たちと協力できる能力を育成することも重要です。自分の専門分野の見識を深めることはもちろん、関連分野にも精通することを目指して下さい。将来、独立した研究者として研究を続けることを希望する学生には、研究者として大きく伸びる下地を培うことができるようにしたいと考えています。

最新情報

2016. 3.30
ニュースを更新しました。
2015. 4.8
メンバーを更新しました。
2015. 1.14
ニュースを更新しました。
2014. 4.11
メンバーを更新しました。
2014. 3.1
ニュースを更新しました。
2013. 10.10
ニュースを更新しました。
2013. 4.11
メンバーを更新しました。
2012.5.10
2011.11.11
2011.11.11

Information