カリキュラム

学びのステップ

重要科目 生命現象を理解する為、有機化学、物理化学、生化学、酵素学、細胞生物学、発生学などの基盤分野と細胞工学、免疫工学、遺伝子工学、蛋白質工学、発生工学、神経科学などの応用分野を学びます。
カリキュラム表
1年次 専門への基礎学力養成
一般科目と共に、生物工学の基礎として数学、物理学、化学、生物学、電算機が専門必修科目です。関連する実験や演習、コンピュータリテラシーも履修します。生命科学の基礎知識、考え方、基本像の形成を目指します。
長万部キャンパス
2年次 多様な工学知識の習得
必修の専門科目を受講し、工学の諸科目を幅広く学ぶ一年間となります。有機化学、生化学、細胞生物学、分子遺伝学、生物工学概論、免疫学、酵素学、化学工学の他に選択必修科目、選択科目も履修します。
3年次 実験を中心に専門分野へ
生物工学実験がカリキュラムの中心に置かれ、いよいよ現代バイオテクノロジーのエッセンスに触れます。実験実習では学生が主体的に取り組み、考察、議論する能力の習得を目指します。講義科目は12人の教授陣の専門分野が中心となります。
4年次 集大成としての卒業研究
必修は生物工学演習と卒業研究のみです。さまざまな領域に分かれる12の研究室のいずれかに所属して、教員の個人指導を受けながら、自らが取り上げるテーマの研究に取組みます。充実した一年間になると共に、進路決定の時も迎えます。
先輩からのメッセージ 卒業生からのメッセージ
△PAGE TOP