教員・研究室紹介

研究紹介

田村研究室 【進化生命化学研究室】

教授 田村 浩二 助教 無津呂 裕美
教授 田村 浩二 助教 無津呂 裕美
tRNAの分子模型 遺伝暗号表

RNAと遺伝暗号に生命の起源の謎を探る

RNAとアミノ酸の対応関係は遺伝暗号として知られています。遺伝暗号はすべての生命体に共通に存在するアルゴリズムであり、生命体の構成原理に関わっています。私達は、遺伝暗号の起源と成立原理を解明することで、生命の起源の謎に迫っています。また、これらの研究をもとに、センサー機能を有するRNAの開発などのナノテクノロジーの創出も指向しています。更に、L-アミノ酸のみが使われている生物界の非対称性の謎の研究や、新規人工タンパク質の合成方法の開発の研究も行っています。
受験生へのメッセージ
「我々はなぜ今ここにいるのか?」これを突き詰めると、地球上に最初にどのように生命が生まれ進化してきたのか、という問題に突き当たります。この問題はとても難しいものですが、私達は、原始地球に存在していたと考えられるアミノ酸やRNAという分子に注目し、その謎の解明に取り組んでいます。生命は宇宙の時間と空間に誕生した神秘です。自分が本当に興味を持って熱中できるものを探し当てましょう。役に立つテクノロジーも知的好奇心に根ざした研究の芽から生み出されています。そのような芽を育ててみませんか。
RNAとアミノ酸 アミノ酸の非対称性
△PAGE TOP