教員・研究室紹介

研究紹介

瀬木研究室 【生体機能学研究室】

うつ治療を切り口とした新たな脳機能の解明

生体を一つの調節機構と捉え、分子から細胞・組織・生体までの相互作用解明を目指します。特に不明な点が多い脳機能の探索に焦点を当てています。研究の切り口として、治療メカニズムが不明であるうつ治療を用い、そこで見えてきた海馬での神経新生・成熟神経の若返り、また視床下部での食欲抑制中枢の活性化メカニズムを探ります。これにより、これまでに知られていない脳機能の制御メカニズムの一端を明らかにすると共に、精神疾患の治療分子標的の同定も試みます。
受験生へのメッセージ
大人になったら脳の神経はもう増えない、あとはどんどん減っていくだけ・・、そんな風に思っていませんか?最近の研究では、しっかり勉強して、しっかり体を動かすことで、生涯新しい神経が増え続ける、そんな仕組みが分かってきました。また、うつ病といった心の病気の治療にも、このような仕組みが関わっていることが分かってきました。その他にも、まだまだ知られていない脳の調節機構は数多くあります。私たちは主に、小動物をモデルとして用いてこのような脳機能の調節メカニズムを探っていきたいと思っています。
瀬木研究室が目指す研究イメージ:生体機能学
うつ治療による海馬歯状回での神経新生と成熟神経若返り
△PAGE TOP