教員・研究室紹介

研究紹介

西野研究室 【染色体構造生物学研究室】

准教授 西野 達哉
准教授 西野 達哉

遺伝情報の維持と継承に関与する因子の構造生物学

私たちは、細胞の生命リレーがどのように行われているかを研究しています。このリレーには様々な走者(蛋白質)が登場します。リレーのバ トンは遺伝情報(DNA、染色体)です。遺伝情報が次世代へと正確に継承されないと細胞死や病気、癌になります。私たちはこの仕組みを解 き明かすために、遺伝学や細胞生物学により関与する因子を同定し、X線や電子線、磁気共鳴により立体構造を決定し、生化学や細胞生物学に より機能を検証します。
受験生へのメッセージ
構造生物学は生命現象を原子レベルで解明する手法です。原子レベルで物事が明らかになると世界は一変します。私達の研究室は構造生物学を中心に、生化学、 分子生物学、分子遺伝学を組み合わせて遺伝情報がどのように伝達されているかを研究しています。このような研究成果の多くは皆さんが読む教科書に掲載されます。一緒に研究して教科書のあたらしい1ページをみんなで作っていきましょう。
染色体構造生物学
△PAGE TOP