教員・研究室紹介

研究紹介

村上研究室 【ゲノム生物学研究室】

教授 村上 康文 助教 福岡 聖之
教授 村上 康文 助教 福岡 聖之
クロマチン構造変換タンパク質

癌・発生分化・老化機構にゲノム科学からアプローチ

近年、ヒトはもとより主要な生物種において、全遺伝情報(ゲノム)の解析が完了し、すべての遺伝子の塩基配列が明らかになりました。私たちは、このゲノム情報を最大限、活用することによりヒトやマウスにおける遺伝子発現のメカニズムの解明と、癌という疾患を治療するための基盤となる研究を行っています。そのためには、DNAマイクロアレイをはじめとした網羅的な解析技術の開発をも行っています。創薬・医学領域における大きなブレークスルーをめざしつつ、実社会に真に求められる研究者・技術者の養成を目指しています。
RNAの転写制御
受験生へのメッセージ
私の十代からの目標である癌の撲滅を達成すべく、基礎と応用の両面から研究を進めています。最先端の分子生物学を基盤として、創薬および基礎医学の分野での展開を目指しています。癌を直すことに挑戦したい方、ゲノム情報を活用した最先端の生物学を学んでみたい方に東京理科大学基礎工学部そして東京理科大学大学院の門戸は広く開かれています。理科大はもとより、共通の目的達成をめざす、大きな目標を持った学生諸君の参加を歓迎します。
DNAマイクロアレイ解析
△PAGE TOP