教員・研究室紹介

研究紹介

宮川研究室 【環境生命研究室】

准教授 宮川 信一
准教授 宮川 信一

脊椎動物の生殖や性決定・性分化に関する研究

脊椎動物の生殖(生殖器官の発生と組織・器官形成を含む)や性決定・性分化に関して、環境から受ける影響を加味し、発生生物学・内分泌学・環境生物学の見地から研究を行っています。実験材料はマウスのほか、動物の性決定や生殖戦略の多様性を鑑み、魚類や爬虫類など野生生物も対象としています。マウスでは、生殖器官における性ホルモンの作用メカニズムや、疾患(癌化や形態形成異常)の原因解明に関わる研究を行っています。また、生体を取り巻く内分泌かく乱化学物質の影響について、多種多様な生物種間での反応性の違いや、核内受容体の機能解析から、分子から生体レベルまでの総合的な研究視野から研究を行っています。さらにワニやカメを中心とする爬虫類の温度に依存する性決定メカニズムの解明を目指しています。
受験生へのメッセージ
現在、次世代シークエンサーや遺伝子編集などによる解析を組み合わせることにより、革新的な研究への発展が各分野で期待されています。このような最新の技術を駆使しながら、ホルモンや環境因子が関わる様々な生殖や発生現象を、組織・個体レベルで理解することを目指しています。私たちの周りにいる動物が行っている、まだよく分かっていない不思議な生殖様式や性決定・性分化のメカニズムを、細胞や分子のレベルで調べてみたい方はぜひご連絡ください。
脊椎動物の生殖や性決定・性分化
△PAGE TOP