教員・研究室紹介

研究紹介

堀戸研究室 【糖鎖学研究室】

教授 堀戸 重臣 助教 八須 匡和
教授 堀戸 重臣 助教 八須 匡和

−生命を育む糖鎖の機能を探るパイオニア−

生体には生命を育むための鎖状の分子が存在します。DNA鎖、タンパク質(ポリペプチド鎖)に次ぐ第三のクサリとして現在糖鎖が注目されています。糖鎖学は、糖鎖の生体内での正常な働きを解明し、その異常により発生する病気の発生メカニズムの解明やその治療に応用しようという学問分野です。現在までに糖鎖の生体機能が解明されたものは多くはありません。まさに未開の原野が広がっているわけです。
受験生へのメッセージ
私たちの研究は、天然からの入手が困難な糖鎖を化学合成し、その糖鎖を使って未知の機能を解明することです。まさに未開の糖鎖原野にある糖鎖を実験室の中に作り出し、なにをやっているのか探るわけです。当然、人類のだれもが見た事のない世界を目にすることになります。糖鎖の原野は果てしなく広がっています。1つ1つ解明することで、生命の設計図の完成に迫ることだけは確かです。
ガングリオシドの化学合成
細胞膜上での糖鎖の機能
△PAGE TOP