教員・研究室紹介

研究紹介

有村研究室 【エコロジー研究室】

生物のコミュニケーションツールの発見と探索

生物は他の生物と相互作用(コミュニケーション)することで多様な進化を遂げてきました。本研究室では、植物や昆虫が他の生物を認識するメカニズムを明らかにするため、最先端の遺伝子工学とエコロジーを融合した研究に取り組んでいます。害虫が植物をかじると放出される植物の香りが、植物と昆虫、植物と植物のコミュニケーションを如何に取り持つか?そのメカニズムの解明と、それらの生態系システムのアグリバイオへの応用に挑戦しています。
受験生へのメッセージ
ダーウィンやファーブルの伝記を読み、あるいは山や海の雄大な自然に触れた瞬間に、誰もが「生命の謎」にときめいた経験があるでしょう。近年の遺伝子工学や次世代シークエンサーなどの分析技法の発展は、今まで想像や仮説の域を超えなかった生物の進化や生態系メカニズムの解明に大きく役立っています。このような最先端科学に挑戦し、サイエンスの変革を皆さんと成し遂げたいと思います。
害虫に食害された植物の防御応答メカニズムの解明
ミント・コンパニオンプランツを利用した栽培システムの確立
△PAGE TOP