学科紹介

生物工学科が担う分野 遺伝子工学 植物工学 再生・発生工学 細胞工学 免疫工学 構造生物学 生物有機化学
基礎生物学生物工学科では、基礎生物学に関連する様々な分野の研究・教育を行っています。また、これらの知識を社会の産業に応用するため、最先端のバイオテクノロジーを駆使して研究を進めています。
地球環境に優しい社会形成の為の生命科学技術開発、再生医療の発展に必要な基盤技術開発、癌の診断や治療の為の研究開発など、幅広い分野において生物工学科の研究が社会から注目されています。
最先端のバイオテクノロジー学科を構成する各研究室では、生化学、遺伝学、生理学、分子生物学、細胞生物学、有機化学などの多岐に渡る手法を用いて、バクテリアから真核生物、哺乳類の細胞にいたるまで幅広い研究を展開しています。
生物工学科の教育・研究を通じて幅広い基礎知識と新しいバイオテクノロジーの技術を習得し、人類が抱える様々な問題の解決に貢献できる独創性・指導力をもった人材の育成を目指します。
△PAGE TOP