東京理科大学 総合研究院 太陽光発技術電研究部門

部門設立の背景と目的

谷内利明

本研究部門では、東京理科大学における太陽光発電研究を中心とする太陽エネルギー利用技術研究開発の、より一層の活性化・促進を目的としています。更に、本研究部門を核として専門分野の異なる研究者が積極的に交流することにより、融合的な研究分野や次世代型太陽光発電システムを開拓・開発し学外にその研究成果を積極的に発信することを目的としています。

メンバーの研究分野

研究分野

本部部門は、太陽電池デバイスを研究するグループと太陽電池を効率的に使用するための太陽光発電システムを研究するグループからなっています。 太陽電池グループでは、ナノ結晶シリコン太陽電池、CIGS太陽電池、SnS太陽電池、色素増感太陽電池、有機薄膜太陽電池の研究において優れた研究開発を目指しています。また、太陽光発電システムグループでは、未来型太陽電池システムの一つである3次元太陽光発電モジュールへの応用、システムの高信頼性・長寿命化の研究開発において独創的な研究開発を目指しています。

ONLY ONEを目指す融合研究

上述した研究内容のほかに、本研究部門ならではの融合研究によるOnly Oneの研究にもチャレンジしています。この融合研究こそが、他の太陽光発電研究機関にはない、本研究部門の独特な研究であると言えます。研究内容を図に示します。