ページトップ

教員・研究室紹介

研究紹介

山登研究室 【生物物理学研究室】

教授 山登 一郎 助教 山本 三沙岐
教授 山登 一郎 助教 山本 三沙岐
イオン輸送ポンプの模式図

生体エネルギー変換機構および生命情報科学

生物は、栄養物のエネルギーを運動等いろいろな形のエネルギーに変換して”生きている”。私達はこのエネルギー変換機構の解明を目指し、分子レベルの研究を行っています。また、生物の設計図である遺伝子構造が明らかになっています。次はその遺伝子産物であるタンパク質の構造と機能の研究です。X線等を用いてタンパク質の立体構造解析を行いつつ、コンピュータシミュレーションにより立体構造・機能予測や分子設計技術の開発をしています。
受験生へのメッセージ
実験だけでなく、「コンピュータを用いた生物学もある」というのをご存じでしょうか。最近は、生物がシステムとしてどんな風に生きているのかをコンピュータでシミュレーションできるようになりました。生命を原子レベルの原理的なところから解明し、それを基にコンピュータを用いて情報科学や物理化学的に生命現象を理解したいという方にお奨めです。
タンパク質折り畳み過程のシミュレーション
△PAGE TOP
HOME | 学科紹介 | 教員・研究室紹介 | カリキュラム | 入学案内 | 大学院案内 | 行事予定