Doctor Thesis (in Japanese)

博士論文要旨(日本語)

1996

Kazuma Takase (高瀬 和真) 「腸内連鎖球菌ナトリウム輸送性液胞型ATPaseの構造と機能」

1998

Atsushi Suenaga (末永 敦) 「分子動力学シミュレーションによるタンパク質の構造と機能の研究」

1999

Takeshi Murata (村田 武士) 「腸内連鎖球菌ナトリウム輸送性液胞型ATPaseのエネルギー共役機構」

2001

Ryo Ohashi (大橋 亮) 「灌流培養技術の開発と産業界への応用」

2003

Toshiaki Hosaka (保坂 俊彰) 「腸内連鎖球菌ナトリウム輸送性液胞型ATPase触媒頭部部分の構造」

2003

Tadashi Ando (安藤 格士) 「ブラウン動力学法によるタンパク質折り畳みシミュレーション」

2009

Satoshi Arai (新井 聡史)Enterococcus hirae由来V1-ATPaseの分解とアセンブリーの研究」

2010

K. M. Mozaffor Hossain 「Structure and functions of the central stalk subunits of Na+- translocating V-type rotary motor in Enterococcus hirae

2011

Anowarul Amin 「Biochemical and structure-function study of Eschericia coli Na+/ proline symporter (PutP): Homology modeling and site-directed mutagenesis」

2011

Misaki Yamamoto(山本 三沙岐) 「V-ATPaseの外周固定子と中央回転軸の構造解析」

2011

Suhaila Rahman 「Biochemical characterization and subunit arrangement of the peripheral stalk of human V-ATPase」


Yamato Lab. Home Page (English) 山登研ホームページ(Japanese)