>>学生の皆さんへ
 >>
 >>乳癌早期診断開発
 >>関節障害早期診断開発
 >>合同授業
 >>研究会議
 >>共同研究
 >>研究施設
 >>研究者紹介

                                                  島雄大介氏提供

 エックス線がもっている利点の筆頭は透過能であろう。それがゆえに人体の内部観察すなわち診断に用いられている。組織ごとの吸収差を利用した影絵の原理である。ところがガンと正常組織との間のエックス線吸収量の差は非常に小さく、ガン組織がかなり大きくならないと吸収コントラストが高まらない。初期のうちにガン組織を発見する方法を開発しようと考えるとエックス線がもっている残りの属性である位相、屈折、散乱、蛍光などのうちどれを利用すると良いであろうか。ここ5?6年間の開発に用いられている原理は屈折である。エックス線屈折率は1からのはずれ量が10のマイナス6乗から7乗程度に極めて小さい。そのために可視光と比較すると屈折が起きているかどうかを確認することも容易ではない。ところがシリコン単結晶を用いた2結晶平行配置と呼ばれるエックス線光学系によってその識別が十分に可能になることが用いられている。
 私たちが検診を受ける際には1枚2枚のレントゲン写真、すなわち投影画像とより高い診断能を求めて行なわれるCT、すなわち立体像がある。医療現場ではCT像も求められるので従来の吸収原理にもとづくCTに替わる屈折原理に対応するCTアルゴリズム開発が必要である。さらにはそれに留まらず臨床現場で求められる被ばく線量の軽減をも目指すアルゴリズムの開発にも挑戦中である。


<論文リスト>

Computed Tomographic Reconstruction Based on X-Ray Refraction Contrast
Anton Maksimenko, Masami Ando, Hiroshi Sugiyama, Tetsuya Yuasa
Appl. Phys. Lett. 86 (2005) 124105-1~124105-3.

Possibility of Computed Tomographic Reconstruction of Cracks from the X-ray Refraction Contrast
Anton Maksimenko, Masami Ando, Hiroshi Sugiyama, Eiko Hashimoto
Jpn. J. Appl. Phys. 44, Part 2, No.3A, L633-L635, 2005.

 First application of x-ray refraction based computed tomography to a biomedical object
Eiko Hashimoto, Anton Maksimenko, Hiroshi Sugiyama, Kazuyuki Hyodo, Daisuke Shimao, Yoshinori Nishino, Tetsuya Ishikawa, Tetsuya Yuasa, Koichi Mori and Masami Ando
Zoological Science 23 (2006) 1-5.

High-Pass Filtered Diffraction Micro-Tomography by Coherent Hard X-rays for Cell Imaging: Theoretical and Numerical Studies of the Imaging and Reconstruction Principles
Tetsuya Yuasa, Hiroshi Sugiyama, Zhong Zhong, Anton Maksimenko, F. Avraham Dilmanian, Takao Akatsuka, Masami Ando
JOSA 22 (2005) 2622-2634.

2D and 3D Visualization of Ductal Carcinoma in situ (DCIS) due to X-Ray Refraction Contrast
Masami Ando, Anton Maksimenko, Tetsuya Yuasa, Eiko Hashimoto, Katsuhito Yamasaki, Chiho Ohbayashi, Hiroshi Sugiyama, Kazuyuki Hyodo, Tatsuro Kimura, Hiroyasu Esumi, Takao Akatsuka, Gang Li, Dingchang Xian, Ei Ueno, Hiroko Bando, Shu Ichihara, Tokiko Endo, Noriyuki Moriyama and Hisahide NishinoBioimages 14 (2006) 1-8.

 Hard-X-Ray Region Tomographic Reconstruction of the Refractive-index Gradient Vector Field: Imaging Principles and Comparisons with Diffraction-Enhanced-Imaging-Based Computed Tomography
Tetsuya Yuasa, Anton Maksimenko, Eiko Hashimoto, Hiroshi Sugiyama, Kazuyuki Hyodo, Takao Akatsuka, Masami Ando
Optics Letters 31 No.12 (2006) 1818-1820.













Copyright  2006  Tokyo University of Science All Rights Reserved.