ようこそ
安藤正海のホームページへ
2006年4月から東京理科大学の教員をつとめます。
現在は総合研究機構に属しDDS研究センターの専任スタッフとして
乳癌の早期診断法の開発を担当しています。
開発中のDDSに利用して頂こうという計画です。
研究のみの生活です。
2007年4月からは材料工学専攻にも所属し大学院教育を担当する予定です。
学生諸君とつくば高エネ(KEK)放射光を利用させて頂き各種ガンの早期診断法、関節軟骨障害早期診断法の開発を進めたいと考えています。

安藤正海 Masami Ando
勤務先:東京理科大学 総合研究機構 DDS研究センター,
    大学院材料工学専攻
〒278-8510 千葉県野田市山崎 2641
◆TEL: 04-7124-1626 ◆FAX: 04-7124-1626
◆ e-mail: msm-ando@rs.noda.tus.ac.jp

略歴 1966年 東京大学 工学部 物理工学科 卒業
1968年 東京大学 工学系大学院 物理工学専攻修士課程修了 (高良和武教授研究室)
1968年 東京大学 物性研究所 結晶第一部門(三宅静雄教授、細谷資明助教授) 細谷資明研究室 助手 
1974年 英国ブリストル大学 物理学科 客員研究員 Michael Hart博士研究室
1975年 米国IBM サンノゼ研究所 客員研究員 William Parrish博士研究室
1976年 日本学術振興会 研究員
1979年 高エネルギー物理学研究所(現在高エネルギー加速器研究機構)
放射光実験施設(現在物質構造科学研究所放射光研究施設) 助教授
1985年 同 教授
1989年 総合研究大学院大学 数物科学研究科 教授 併任
2006年 東京理科大学 教授
所属学会 日本物理学会 応用物理学会 日本結晶学会 日本放射光学会
研究分野 X線光学
主な研究テーマ X線屈折原理を用いた軟組織の2次元、3次元イメージング 軟組織用X線光
学系の開発、屈折型CT用アルゴリズム開発 ガン早期診断法開発 関節軟骨
障害早期診断法開発 
趣味 蝶 鉄道
目標 中国語マスター
Copyright  2006  Tokyo University of Science All Rights Reserved.