News & Topics

2003.12.24

東京理科大学DDS研究部門発足記念シンポジウムを開催しました。

2003年12月24日、東京理科大学DDS研究部門発足記念シンポジウムを開催しました。 

センター長によるDDS研究部門概要についての説明、外部評価委員の方々からの様々なご提言を含め、学内外の研究者の方々にご発表頂き、今後の研究についての意見交換を行いました。
東京理科大学森戸記念館にて。

東京理科大学DDS研究部門発足記念シンポジウム
DDS研究の展望
主催 東京理科大学総合研究所DDS研究部門(部門長 寺田 弘)

日時: 2003年12月24日(水)10:00〜17:20
会場:東京理科大学神楽坂キャンパス森戸記念館

(東京都新宿区神楽坂4-2-2, 神楽坂毘沙門天前 03-5225-1033)

■10:00~10:30
 DDS研究部門概要説明:寺田 弘
 提言:戸口 始、永井恒司、野口照久

■10:30〜11:15
特別講演1
 細胞シートによる組織・臓器の再生
 岡野光夫(東京女子医科大学先端生命医科学研究所)

■11:15〜11:45
招待講演1
 Phage-displayed libraryを用いたDDSへの展開  -新生血管への薬物誘導-
 瀧 孝雄(大塚製薬株式会社 分子医科学研究所)

■13:00〜13:45
特別講演2
 経肺投与DDSのための微粒子システム設計
 川島嘉明(岐阜薬科大学)

■13:45〜14:15
招待講演2
 皮膚からの吸収性制御製剤の開発
 稲木敏男(興和株式会社 富士研究所)

■14:15〜14:45
招待講演3
 ポリマーミセルと企業化
 中冨一郎(ナノキャリア株式会社)

■15:00〜15:45
特別講演3
 創薬科学・技術の進歩とこれからのDDS研究
 橋田 充(京都大学大学院薬学研究科)

■15:45〜17:00
 DDS研究部門の研究概要:生体防御系を利用した難治性疾患に対するDDS
  1. コンセプト・概要・目的:寺田 弘
  2. 結核菌の生残戦略を利用した抗結核DDS:杣 源一郎
  3. DDS製剤の開発に必要な条件設定:牧野公子

■17:30〜19:00
 懇親会