研究活動

牧野 公子

学術論文

  • A polymeric micelle MRI contrast agent with changeable relaxivity,Emiko Nakamura, Kimiko Makino, Teruo Okano, Tatsuhiro Yamamoto, and Masayuki Yokoyama,J. Controlled Release, 114, pp 325-333, 2006. (査読有)
  • Effects of lung surfactants on rifampicin release ratio from monodisperse rifampicin-loaded PLGA microspheres,Keishiro Tomoda and Kimiko Makino,Colloids and Surfaces B; Biointerfaces, 55, pp 115-124, 2007. (査読有)
  • Incorporation of water-soluble drugs in PLGA microspheres,Fuminori Ito, Hiroyuki Fujimori, and Kimiko Makino,Colloids and Surfaces B; Biointerfaces, 54, pp 173-178, 2006. (査読有)
  • Selective delivery of Rifampicin incorporated into Poly (DL-lactic-co-glycolic) acid microspheres after phagocytotic uptake by alveolar macrophages, and the killing effect against intracellular Mycobacterium bovis Calmette-Guein,Aya Yoshida, Hiroyuki Inagawa, Chie Kohchi, Mami Hino, Fuminori Ito, Keishiro Tomoda, Takehisa Nakajima, Kimiko Makino, Hiroshi Terada, Hitoshi Hori, and Gen-Ichiro Soma,Microbes and Infection, 8, pp 2484-2491, 2006.(査読有)
  • ナノDDS,牧野公子,オレオサイエンス, 7, pp 99-103, 2007.(査読有)

著書

  • “Surface properties of liposomes depending on their composition.” Kimiko Makino and Akira Shibata,ADVANCES IN PLANAR LIPID BILAYERS, Vol.4, Chapter 2, pp.49-77, 2006, Elsevier Inc.
  • “マイクロカプセル”牧野公子,機能性化粧品の開発III,鈴木正人監修 第4編 第4章,pp.310-315, CMCシーエムシー, 2007年1月1日
  • 第二版 油化学辞典 「脂質・界面活性剤」,牧野公子,丸善株式会社,2006年4月25日

招待講演

  • DDSの最近の動向と研究方向,牧野公子,東京理科大学科学技術交流センターRIDAI SCITEC クラブ特別モデルセミナー,東京理科大学理窓会館 2006年11月7日
  • DDS研究の最近の動向と今後の研究方向, 牧野公子, ウーマンサイエンティスト体験講座,東京理科大学 2006年11月26日
  • Pulmonary Drug Delivery System for Treatment of Tuberculosis, Kimiko Makino, 7th International Symposium on Advances in Technology & Business Potential of New Drug Delivery Systems, Mumbai, India, Feb. 13th-14th, 2007.
  • ナノDDS, 牧野公子, 日本油化学会オレオナノ部会, オレオナノサイエンスシンポジウム,2006,東京理科大学森戸記念館2006年11月28日
  • ナノDDS,牧野公子,東京理科大学セミナーハウス特別講義 東京理科大学野田キャンパス1311教室 2006年9月15日
  • マイクロカプセル、ベシクルの基礎と応用, 牧野公子, 第7回オレオサイエンスフレッシュマンセミナー, 東京理科大学森戸記念館, 2006年6月22日

特許

  • 発明者;大矢雅則, 牧野公子, 寺田弘,出願人;学校法人 東京理科大学,発明の名称;薬物送達システムのシミュレーション方法、シミュレーション装置、シミュレーションプログラム;特願2007-037037,出願日;平成19年2月16日
  • 発明者;牧野公子, 中嶋武尚, 寺田弘, 河井優作, 西脇元子,出願人;学校法人 東京理科大学,発明の名称;薬物送達粒子及びその製造方法,出願登録番号;特願2006-111294,出願日;平成18年4月13日
  • 発明者;牧野公子, 寺田弘, 中嶋武尚, 友田敬士郎,出願人;学校法人 東京理科大学,発明の名称;ナノコンポジット粒子,出願登録番号;特願2006-075335,出願日;平成18年3月17日,PCT出願準備中
  • 発明者;稲木敏男, 金箱 眞, 寺田弘, 牧野公子, 戸井雅和, 出願人;興和株式会社, 東京理科大学, 発明の名称:外用剤、出願番号:PCT/JP2006/320320,出願日:2006年10月11日

DDS研究センターの研究業績

スタッフの研究業績