研究活動

青木 伸

学術論文

  • A New Fluorescent Probe for Zinc(II),a 8 - Hydroxy - 5 - N , N - dimethy   laminosulfonylquinoline -pendant 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane, Shin Aoki, Kazusa Sakurama, Nanako Matsuo, Yasuyuki Yamada, Motoo Shiro, Ryoko Takasawa, Sei-ichi Tanuma, Kei Takeda, and Eiichi Kimura, Chemistry, A European Journal, Vol. 12 , No. 35, pp 9066-9080, 2006 (査読有)
  • Efficient Cycloreversion of cis,syn-Thymine Photodimer by a Zn2+-1,4,7,10- Tetraazacy clododecane complex Bearing a Lumiflavin and Tryptophan by Chemical Reduction and Photoreduction of a Lumiflavin Unit, Yasuyuki Yamada and Shin Aoki,, Journal of Biological Inorganic Chemistry, Vol. 11, No. 8, pp 1007-1023, 2006 (査読有)
  • 光照射によって進行する二重結合化合物の化学反応, 山田 泰之、青木 伸, 化学と教育, Vol. 55, No. 2, pp 84-87, 2007 (査読有)
  • 多核亜鉛(II)錯体モジュールの集積化による新機能性超分子の設計と合成, 青木 伸,有機合成化学協会誌, Vol. 64, No. 6, pp 608-616, 2006 (査読有)
  • 白金-亜鉛複核錯体による配列特異的核酸塩基修飾を利用した転写因子NF-kB−DNA複合体の形成阻害, 山田 泰之、青木 伸, News Letter(日本化学会生体機能関連化学部会部会誌), Vol. 21, No. 3, pp 26-30, 2007 (査読無)

著書

  • マクマリー生物有機化学 改訂版(菅原二三男監訳), 青木 伸, 丸善, pp 216-256, 2007

招待講演

  • 多核金属錯体の超分子化学と光化学,青木 伸,第12回PharmScienceフォーラム,札幌,2006

特許

  • 青木 伸、山田 泰之, 国内優先出願,  酸化還元感受性化合物及びイソアロキサジン誘導体, ̺2007-46172, 2007年2月26日出願

DDS研究センターの研究業績

スタッフの研究業績