東京理科大学薬学部 青木研究室

top_img1.jpg

青木研究室について

20080609s.jpg

研究内容の紹介

bind_free143.jpg

研究業績

2016年度集合写真.JPG

研究室のメンバー

2016(平成28)年6月22日 田中智博博士(現在 野口研究所)らの論文が、ChemViews Magazineで紹介されました。
Tomohiro Tanaka, Rikita Araki, Takaomi Saido, Ryo Abe, and Shin Aoki, “11B NMR/MRI Sensing of Copper(II) Ions In Vitro by the Decomposition of a Hybrid Compound of a nido-o-Carborane and a Metal Chelator.”
European Journal of Inorganic Chemistry, 2016, (20), 3330-3337 (DOI: 10.1002/ejic.201600346)
ChemViews MagazineのURL
http://www.chemistryviews.org/details/ezine/9444141/In_Vitro_Copper_Detection.html

2016(平成28)年5月1日 久松洋介博士、宮澤有哉君(東京理大生命研)らの論文が、Chemical and Pharmaceutical BulletinのVol. 74、5月号のCover picture articleおよびFeatured articleに選ばれました。
Yosuke Hisamatsu, Yuya Miyazawa, Takeru Yoneda, Miki Miyauchi, and Shin Aoki, “Supramolecular Complexes Formed by the Self-Assembly of Hydrophobic Bis(Zn2+-cyclen) Complexes, Copper, and Di-or Trimide Units for Specific Hydrolysis of Phosphate Mono- and Diesters in Two-Phase Solvent Systems (Cyclen = 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane)”
Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2016, 64 (5), 451-464. (doi.org/10.1248/cpb.c15-01014)
https://jstagebeta.jst.go.jp/article/cpb/64/5/64_c15-01014/_article
東京理科大学のホームページ
http://www.tus.ac.jp/today/archive/20160524005.html

2016(平成28)年3月31日 Dr. Sarvendra Kumarがインドへ帰国しました。

2016(平成28)年3月1日~ 田中智博博士が公益財団法人野口研究所(糖鎖有機化学研究室:水野真盛リーダー)へ転出しました。
http://www.noguchi.or.jp/labo_glycan.php?lang=ja

2016(平成28)年2月27日~28日 The 4th International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2016 (iPoPS 2016) -International & Interdisciplinary Challenge in Pharmaceutical Sciences- (https://sites.google.com/site/ipops2016/)において、青木研究室の3名の学生が「The Best Oral Presentation Award」を受賞しました。
「The Best Oral Presentation Award」
大学院薬学研究科薬科学専攻博士課程1年 Abdullah-Al Masum
大学院薬学研究科薬科学専攻修士課程2年 伊藤太基
薬学部薬学科5年 西友里恵
「The Best Poster Presentation Award」
大学院薬学研究科薬科学専攻修士課程1年 染谷英寿

2015(平成27)年9月13日 本学で学位(薬学)を取得された塩野義製薬の川筋孝博士が(平成26(2014)年3月博士号取得、主査:青木伸教授)、平成27年度日本薬学会医薬化学部会賞を受賞することになりました。
受賞タイトル「次世代HIV-1インテグラーゼ阻害剤 ドルテグラビルの創薬研究」
第33回メディシナルケミストリーシンポジウム(平成27年 11月 25日(水)~27日(金)、幕張国際研修センター)で受賞講演を行う予定です。
http://www.cdsympo.com/mcs2015/index.html

2015(平成27)年7月19日 久松洋介博士(助教)が、「平成27年度日本薬学会関東支部奨励賞」を受賞しました。
9月12日(土)に行われる関東支部大会で受賞および受賞講演を行う予定です。
受賞タイトル「錯体形成を鍵とする機能性分子の設計・合成と生物学的応用」
http://shibu.pharm.or.jp/kanto/

2015(平成27)年3月19日 染谷英寿君(生命創薬科学科4年生)が、「千葉県私立学校知事賞」を受賞しました。
http://www.tus.ac.jp/today/2015/03/2015032008.html

2015(平成27年)2月13日 有安真也博士(現在 Nanyang Technological University)らの論文(同上)が、 “Global Medical Discovery”に紹介されました。
https://globalmedicaldiscovery.com/key-scientific-articles/design-synthesis-8-hydroxyquinoline-based-radioprotective-agents/

2014(平成26年)12月2日 有安真也博士(現在 Nanyang Technological University)らの論文が、 “LeadDiscovery”に紹介されました。
http://www.leaddiscovery.co.uk/articles/25002230/
紹介された論文:Shinya Ariyasu, Akiko Sawa, Akinori Morita, Kengo Hanaya, Misato Hoshi, Ippei Takahashi, Bing Wang, and Shin Aoki “Design and Synthesis of 8-Hydroxyquinoline –based Radioprotective Agents”
Bioorganic and Medicinal Chemistry. 2014, 22(15), 3891-3905 (DOI: 10.1016/j.bmc.2014.06.017)

2014(平成26年)8月4~6日に開催する早稲田塾スーパー生命創薬ワークショップの参加学生を募集しています(7月4日締切)。
詳しくはこちらをご覧ください。

2014(平成26年)6月1日 有安真也博士が、Nanyang Technological University, SingaporeのAssociate Prof. Xing Bengangの研究室のポストドクトラル研究員として留学しました。
(Prof. Xing Bengangのホームページ:http://www3.ntu.edu.sg/home/bengang/index.htm)。

2014年(平成26年)4月1日 Dr. Sarvendra Kumarが、東京理科大学ポストドクトラル研究員として研究グループに加わりました(Aligarh Muslim University (AMU), Indiaから)。

2014年(平成26年)3月26日 伊東進君(科研製薬)らの論文が、カナダのリサーチ会社“Advances in Technology”に紹介されました。
Susumu Itoh, Takuya Tokunaga, Shotaro Sonoike, Masanori Kitamura, Akihito Yamane, and Shin Aoki, “Asymmetric Aldol Reactions between Acetone and Benzaldehydes Catalyzed by Chiral Zn2+ Complexes of Aminoacyl 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane: Fine Tuning of Amino-Acid Side Chains and a Revised Reaction Mechanism” Chemistry– An Asian Journal, 2013, 8 (21), 2125-2135 (DOI: 10.1002/asia.201300308)
http://advanceseng.com/chemical-engineering/asymmetric-aldol-reactions-acetone-benzaldehydes-catalyzed-chiral-zn2-complexes-aminoacyl-14710-tetraazacyclododecane-fine-tuning-amino-acid-side-chains-revised-rea/

2014年(平成26年)1月7日 中川明宏君(薬学科6年生)らの論文が、Inorganic Chemistryのhighlightに選ばれました。
Akihiro Nakagawa, Yosuke Hisamatsu, Shinsuke Moromizato, Masahiro Kohno, Shin Aoki, “Synthesis and Photochemical Properties of the pH Responsive Tris-Cyclometalated Iridium(III) Complexes That Contain a Pyridine Ring on the 2-Phenylpyridine Ligand” (DOI: 10.1021/ic402387b)
以下のURLをご参照ください(同年1月20日まで)。
http://pubs.acs.org/journal/inocaj

2013年(平成25年)12月 久松洋介助教の研究テーマ「がん細胞表面で合成されるがん治療薬・診断薬の開発」が、上原記念生命科学財団の平成25年度研究奨励金に採択されました。

2013(平成25)年11月28日 青木教授が、早稲田塾ホームページにGood Professorとして紹介されました。
http://www.wasedajuku.com/channel/good-professor/detail.php?professorid=545

2013(平成25)年9月5~6日、大学院修士課程2年生の宮澤有哉君が、マレーシアのUniversiti Teknologi MARA (UiTM)(Puncak Alamキャンパス)で行われた2nd International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2013 (iPoPS20132) (URL: http://www.ipops2013.com/) で「The Best Poster Presentation Award 3rd Prize」を受賞しました。

2013(平成25)年7月28日、8月5~7日に「スーパー生命創薬科学ワークショップ」を開催しました。詳細については、以下の早稲田塾のURLをご覧ください。
http://www.wasedajuku.com/lp/20130628_superProgram/

平成25(2013)年6月29日(土) 本年3月で、生物有機化学研究室が発足して10年がたちました。これを記念して、「東京理科大学薬学部生物有機化学フォーラム」を開催しました。
プログラムは、こちらをどうぞ。

平成25(2013)年5月11日 第3回CTCワークショップ(東京理科大学総合研究機構・がん医療基盤科学技術研究センター主催)で、有安真也博士が最優秀ポスター賞を受賞しました。
発表者:有安真也、向井祐人、渡邉瑛太、鈴木利宙、堀江和峰、早瀬仁則、・安部良1,4、青木伸
発表タイトル:光分解可能なケミカルリンカーを用いた目的細胞の選択的捕捉、回収用デバイスの開発

2013(平成25)年3月19日 「TX Alliance Imaging Symposium 2013」(東京理科大学イメージングフロンティア研究部門)を開催しました(於:筑波大医・イノベーション棟8階講堂、三輪佳宏博士(筑波大医)との開催(筑波大医))。プログラムはこちら

2012年11月27~30日 総合研究機構ポストドクトラル研究員 有安真也博士らが、台湾の台北市で行われた13th Tetrahedron Symposium, Asia Editionで「Poster Award」を受賞しました(http://www.tetrahedronsymposiumasia.com/conference-posters.html)。
発表者:Shinya Ariyasu, Kengo Hanaya, Eita Watanabe, Misato Hoshi, Toshihiro Suzuki, Kazutaka Horie, Masanori Hayase, Ryo Abe, and Shin Aoki
発表タイトル: The Selective Capture and Collection of Live Target Cells Using a Photoreactive Silicon Wafer Device Modified with Antibodies via Photocleavable Linkers (P1.53)

2012年10月1日 田中智博博士が、東京理大ポストドクトラル研究員として研究グループに加わりました(東京医科歯科大学(玉村啓和研究室)およびPennsylvania大学(E. J. Petersson研究室)から)。

平成24年6月28日 当研究室の研究内容や指導方針などが、薬学部進学情報誌「薬系進学」(編集・出版:ネオリッチ、平成24年6月28日発行)で紹介されました。
書店などで市販されていませんので、入手方法については以下のURLを参照してください。
http://yakkei.com/seminar/index.html

2012年6月28~30日 大学院修士課程2年生の諸見里真輔君と園池昇太郎君が、マレーシアのUniversiti Teknologi MARA (UiTM)(Puncak Alamキャンパス)で行われた1st International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2012 (iPoPS2012) (URL: http://www.ipops2012.com/) で「The Best Poster Presentation Award」を受賞しました。

発表者:Shinsuke Moromizato, Yosuke Hisamatsu, Toshihiro Suzuki, Ryo Abe, and Shin Aoki
発表タイトル: Design and Synthesis of pH-Responsive Luminescent Cyclometalated Iridium(III) Complexes for Cell Imaging and Phototherapy
発表者:Shotaro Sonoike, Takuya Tokunaga, Susumu Itoh, Toshinari Itakura, and Shin Aoki
発表タイトル: One-pot Chemoenzymatic Synthesis of Optically Active 1,3-Diols Using Chiral Zn2+ Complex Catalysts and Oxidoreductases with Cofactor Regeneration

2012年3月31日 大学院修士課程1年生の諸見里真輔君が、日本薬学会第132年会(札幌)で「学生優秀発表賞」を受賞しました。
講演タイトル:pHに応答して発光強度が変化するシクロメタレート型イリジウム錯体の合成と光照射による細胞死誘導

2012年3月18日 花屋賢悟君(D3)が博士号を取得し、本学学位記授与式で薬学研究科総代をつとめました。

2012年4月1日 本年3月に博士課程を修了した花屋賢悟君が、慶応義塾大学薬学部有機薬化学研究室の助教(須貝威教授、庄司満准教授)に就任しました。

2012年4月1日 ドイツに留学していた久松洋介博士(JSPSポスドク)が帰国し、当研究室の助教に就任しました。

2012年2月6日 北村正典博士(現所属:金沢大学)、鈴木利宙博士、安部良教授(東京理大生命研)らの論文が、“Global Medical Discovery (GMD)”の“Key Scientific Article”として紹介されました。(http://globalmedicaldiscovery.com/
Masanori Kitamura, Toshihiro Suzuki, Ryo Abe, Takeru Ueno, and Shin Aoki, “11B NMR Sensing of d-Block Metal Ions in Vitro and in Cells Based on a Carbon-Boron Bond Cleavage of Phenylboronic Acid-Pendant Cyclen (Cyclen = 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane)”
Inorganic Chemistry, 2011, 50, 11568-11580 (DOI: dx.doi.org/10.1021/ic201507q)

2012年1月31日 Dr. Mohd Zulkefeli(JSPS外国人特別研究員、現所属:Universiti of Teknologi Mara (UiTM), Malaysia)らのInorg. Chem.論文(2011, 50, 10113-10123)が、“Top Journal Publication Award 2011 for UiTM, Malaysia”を受賞しました。
http://www.uitm.edu.my/index.php/en/current-news/577-anugerah-akademik-uitm-2011(マレー語)

2012年1月10日 久松洋介博士(学振ポスドク)らによる青色イリジウムに関する論文がEuropean Journal of Inorganic Chemistry (Eur. JIC)のEurBest in Eur. JICに選ばれました。
Yosuke Hisamatsu and Shin Aoki, “Design and Synthesis of Blue–Color Emitting Cyclometalated Iridium(III) Complexes Based on Regioselective Functionalization.” European Journal of Inorganic Chemistry 2011, 5360-5369 (DOI: 10.1002/ejic.201100755)
http://www.wiley.co.jp/blog/pse/?p=4259
http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1099-0682/homepage/news/16691.en.html

2011年11月 有安真也博士(本学総合研究機構「がん医療基盤科学技術研究センター」PD)、早瀬仁則准教授(本学理工学部)、鈴木利宙博士、安部良教授(本学生命科学研究所)らの論文が、Chem. Pharm. Bull. Vol. 59, 11月号のCover Pictureに選ばれました。
Shinya Ariyasu, Kengo Hanaya, Megumi Tsunoda, Masanori Kitamura, Masanori Hayase, Ryo Abe, and Shin Aoki, “Photochemical Cleavage Reaction of 8-Quinolinyl Sulfonates that are Haloganated and Nitrated at the 7-Position”
Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2011, 59 (11), 1355–1362.

2011年11月16日 助教の北村正典博士が、金沢大学大学院医薬保健研究域薬学系(国嶋宗隆教授)へ准教授として転出しました。

2011年10月より、PD(日本学術振興会)の久松洋介博士が、ドイツのUniversity Duisburt-Essen(Prof. Carsten Schmuck)へ博士研究員として留学しています。

2011年10月 北村正典博士、鈴木利宙博士(東京理大生命研)らの論文が、Inorganic ChemistryのAn Article As Soon As Possible (ASAP)に選ばれました。
Masanori Kitamura, Toshihiro Suzuki, Ryo Abe, Takeru Ueno, and Shin Aoki, “11B NMR Sensing of d-Block Metal Ions in Vitro and in Cells Based on a Carbon-Boron Bond Cleavage of Phenylboronic Acid-Pendant Cyclen (Cyclen = 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane)”
Inorganic Chemistry, 2011, in press (DOI: dx.doi.org/10.1021/ic201507q) (Selected as an article as soon as publishable (ASAP).

2011年9月 Mohd Zulkefeli博士、鈴木麻美さん、久松洋介博士らの論文が、Inorganic ChemistryのAn Article As Soon As Possible (ASAP)に選ばれました。
Mohd Zulkefeli, Asami Suzuki, Motoo Shiro, Yosuke Hisamatsu, Eiichi Kimura, and Shin Aoki, “Selective Hydrolysis of Phosphate Monoester by a Supramolecular Phosphatase Formed by Self-assembly of a Bis(Zn2+-cyclen) Complex, Cyanuric Acid and Copper in Aqueous Solution (Cyclen = 1,4,7,10-Tetraazacyclododecane)”
Inorganic Chemistry, 2011, 50 (20), 10113-10123 (DOI: dx.doi.org/10.1021/ic201072q)

2011年9月 有安真也博士が、東京理科大学理想博士会学術奨励賞を受賞しました。

2011年4月1日 久松洋介博士が、日本学術振興会特別研究員に採用されました。

2010年12月2日 大学院博士課程2年 花屋賢悟君が、第54回日本薬学会関東支部大会で学生優秀研究発表賞を受賞しました。
講演タイトル:二核亜鉛ペプチダーゼ阻害活性を持つ8-quinolinolをスルホン酸エステル化したプロドラッグの開発と再活性化

2010年11月 Mohd Zulkefeli博士(日本学術振興会外国人特別研究員)が、マレーシアに帰国しました(Deputy Dean of Faculty of Pharmacy, University Technology MARA (UiTM), Malaysia)。

2010年4月1日 久松洋介博士が、東京理大ポストドクトラル研究員として研究グループに加わりました(相模中央化学研究所から)。

2010年4月1日 有安真也博士が、東京理科大学総合研究機構ポストドクトラル研究員(がん医療基盤科学技術研究センター)として研究グループに加わりました(東京理科大学大学院理学研究科から)。

2009年4月1日 景山義之博士が、北海道大学大学院理学研究院助教として転出しました(武田定研究室)。