生命を維持する第三のクサリ糖鎖

その機能を探る糖鎖学

 堀戸研究室


メニュー
                                                                                                                            戻る

糖鎖学とは

 生体には生命を維持するための鎖状の分子が存在する。今、DNA鎖、タンパク質(ポリペプチド鎖)に次ぐ第三のクサリとして糖鎖が注目されています。糖鎖学は、糖鎖の生体内での正常な働きを解明し、異常(病気やガン)の発生メカニズムの解明やその修復(治療)に応用しようという学問分野です。もちろん、突然変異で発生したのではありません。これまでの生物学、工学、有機化学や物理化学の知識や技術を駆使し、生命現象をタンパク質と脂質そして糖質の共同作業として解明しようというものです。 
                                                                                                                        トップへ

糖鎖の生体内機能の紹介

 糖鎖と言っても、ほとんど触れたことのない知識だと思いますので、生体内での機能について集めてみました。一部に著者の独断による推論も含みます。月原画伯の挿し絵が理解の手助けになると思います。さあ、興味を感じた言葉をクリックして下さい。

 


 
 

                                                                                                             トップへ


研究内容の紹介

 現在進行中のテーマを含んでいるため、すべてをお見せするわけにはいきません。


 現代のスピードに合わせて図を中心に説明してあります。


 
コレラ毒素の細胞内侵入過程に関する新しいメカニズムの発見です。
公開中
ギネス的転位反応の発見
今世紀最後(?)の転位反応の発見、3つの転位が協力して反応するので協調転位反応と命名しました。
近日公開予定
ヒマラヤ登山的糖鎖合成
コリン作動性ニューロンに存在するαー経路ガングリオシドの集中合成です。
非公開
迷惑な糖鎖の合成
ギランバレー症候群関連糖鎖を合成し、発症機構を探るというテーマです。
非公開

                                                                                                             トップへ


著書の紹介
 
 平成9年10月に丸善より出版した糖鎖工学の教科書です。未知数の魅力を放つ糖鎖の機能と、それを明らかにするための基礎知識から新しい技術、そして医薬学、工学への応用まで幅広くコンパクトにまとめるのに最大の努力を払いました。書店で見かけたら、第一章を読んでみて下さい。私からのメッセージが伝わると思います。
 
 
 
 

トップへ



 


生物工学科ホーム


堀戸研の人々
 堀戸研究室で糖鎖好学いや糖鎖行楽
を探究する人々からのメッセージです。 


このホームページはNetscape CommunicatorTMにより作成しました。
ご意見、ご感想をお待ちしております。
作成者 堀戸重臣
Email: shorito@rs.noda.sut.ac.jp